< < MENU
初診の方で、診察の事前申込をご希望される方はこちら

小児眼科

小児は心も体も成長発達の旺盛な時期で、特に視機能の発達においては大変重要な時期です。
しかし小児の場合、自覚症状が少なく、検査も大人のように充分にできないこともあり、発見や治療が遅れる場合もあります。当院では視能訓練士という国家資格を有するスタッフが専門的な検査を行います。

屈折異常(近視、遠視、乱視)と弱視

 視力は、生後から3歳前くらいまでが一番急速に発達し、就学時にほぼ完成、その後10歳前後までは伸びる可能性がありますが、ここで見逃すとその後の治療が難しくなるため、きちんと検査を行い、早期発見が大切です。発達中にその何らかの妨げがあった場合、 “弱視”となります。弱視の原因は、大きく分けて屈折異常(特に強い遠視)、斜視、不同視(眼鏡の度数が左右で著しく違う状態)、形態覚遮断(何かの理由で網膜に像が映らないこと)です。弱視は原因を取り除き(屈折異常や不同視なら眼鏡による補正、斜視や形態覚遮断なら手術や原因除去)、適切な管理により治療可能です。

 眼鏡装用については、小児では大人と異なり、目のピント合わせの力(調節力)が強く、通常見ている状態では遠視、近視、乱視などの度数が正確に測定できません。このため、目のピント合わせの力を休ませる目薬(調節麻痺剤)を用いて検査を行い、本来の屈折度を確認した上で処方します。

斜視

 左右の目は連動して動きますが、目の位置がずれて左右の視線が一致していない状態が斜視です。片方の視線が内側による内斜視、外側による外斜視、それに上下方向のずれを伴うこともあります。子供の場合、先天性のものと成長とともにわかるものもあります。斜視があると片目でしかものを見ないため、片目の視力が発達せず“斜視弱視”となります。斜視の状態を正確に検査し、原因、治療方針を検討します。

色覚異常

 先天色覚異常は、遺伝による錐体視物質の異常でX連鎖性遺伝(伴性劣性遺伝)をし、日本人での頻度は男性の約5%、女性の0.2%です。現在の医学では治療することはできませんが、錐体細胞の感度が生まれつき低く、正常とされる他の大勢の人たちと異なるだけで、ほとんどの場合は日常生活で大きな影響はありません。異常というよりは、色に対する特性や個性です。
 しかし、軽度の色覚異常でも、職業で色を扱う場合や船舶免許を取得するときなど社会に出てから壁にぶつかるケースが見られます。そうならないため、自分を守るためにも自分の見え方、感じ方を知っておくことが大切です。
 検査を受けるまで保護者も本人も気が付かないことが多いため、平成28年度から学校検診における色覚検査が復活しました。

s小児眼科 説明画像

その他

はやり目(流行性角結膜炎)

アデノウイルスによる感染症で、感染力が非常に強く、感染している人が目を触った手でモノを触り、他の人がそれに触って目をこするなどすると、高い確率で感染します。目やにが多くでたり、充血したりします。症状が重い場合は黒目(角膜)に傷がつき、傷跡が残る角膜混濁や、まぶたの裏側に炎症の白い膜(偽膜)ができることがあります。ウイルス性結膜炎に対しては、今のところ特効薬はありません。感染したウイルスに対する抗体が体内で作られるのを待つしかありません。通常は炎症を抑え、細菌による二次感染を防止するための目薬を使用します。

逆さまつ毛(睫毛内反)

まぶたの皮膚が多いことによって、まつ毛が内向きに押されて角膜(いわゆる黒目の表面)と結膜(いわゆる白目の表面)に接触している状態です。乳児期にはまつ毛が細く弱いので、睫毛内反があっても、角膜や結膜に重篤な症状を起こすお子さんは少なく、顔面の成長とともに自然によくなることがほとんどです。しかし、まつ毛が太くなってきた幼児期には、角膜と結膜の表面に傷が生じ、長期間持続すれば、角膜が混濁したり、乱視をきたしたりします。幼少期で軽症なら、自然治癒を期待して経過観察が選択されます。角膜びらん(角膜のきず)がひどい時やまぶしい、痛いなどの症状が強い時には、手術治療が行われます。

先天鼻涙管閉塞

生後まもない時期には涙道が未発達のために涙目や涙があふれる(流涙)症状がみられる場合があります。通常、涙道機能の回復により自然に消退しますが、改善しない場合は先天性の鼻涙管閉塞を疑う必要があります。先天鼻涙管閉塞の大半は涙嚢マッサージのみで治癒します。目の内側、鼻の付け根あたりを人差し指で奥に圧迫する要領で10回程度マッサージを行います。これを日に3、4度行います。症状が改善しない場合は通水試験を行い、病状に合わせて段階的に処置が行われます。

先天白内障

生まれつき水晶体が混濁する病気です。成長とともに進行する発達白内障もあります。先天白内障は成人に起こる白内障と違って、早く発見して手術を行わないと、形態覚遮断弱視(視力の発達途上の乳幼児期に適切な刺激が遮断されてしまうために高度の弱視が起こって治らなくなるもの)となってしまう可能性があります。瞳の中に白い濁りがあることに気づいたら、早急に眼科に受診してください。

発達(先天)緑内障

隅角という部分の発育異常により、眼圧が上昇し、視神経が障害される病気です。高い眼圧によって眼球が拡大するために、流涙(涙が多い)、羞明(光を極端にまぶしがる)、角膜混濁(黒目が白くにごる)、角膜径拡大(黒目がかなり大きく見える)といった症状が現れます。